宝石の定義について

宝石とは、希少性が高く、指輪などのアクセサリーに使用される見た目の美しい鉱物のことを言い、主に天然の無機物のものを指しますが、他にも人工合成物質やパールや珊瑚などの生物を起源とするものも含まれています。 また、宝石の条件として耐久性も重要視されており、その理由としては硬度が低い鉱石の場合、時と共に表面に傷がついて劣化しやすく、観賞価値が低下するため耐久性も重要な項目になっています。 宝石は100種類近くありますが、その中で有名なのは30種類程度で、あまり知られていない鉱石は、マニアや収集家に向けたコレクターズアイテムになり、これらの宝石は耐久性はあまり重要視されておらず、希少性と見た目の美しさが特に評価されています。 有名な石の中にも酸に弱いものや衝撃に弱いもの、乾燥にって割れてしまうものもあるので、宝石を身に付けるにあたって、自分が持っている宝石は耐久性に優れているのかどうかを、知っておくと役立ちます。